ごきげん日記: 7月 2011

2011年7月27日水曜日

7月25日 茨城県立美浦養護学校視察


7月25日は、茨城県立美浦養護学校から視察に来て頂きました。
なんと人数は26人!!
これまでも各地の養護学校から視察に来ていただいたことは多くありましたが、バスを利用するほどの人数は今回が初めてでした。まず初めに事務所の雰囲気、モロヘイヤの袋詰めの作業工程などを見て頂きました。モロヘイヤの袋詰めはとても時間のかかる作業です。一般的には一人で行なう作業も、私たちは何段階もの工程に分けて取り組み、効率化を図っています。





その後はすぐに畑に移動し、農作業の説明をしました。
約2haほどある私達の畑の広さ、栽培しているモロヘイヤの量は予想を超えていたみたいです。この時期には一週間に2000本以上のモロヘイヤの苗を植えていきます。苗を植えるには、育苗、肥料、耕うん、マルチ張りなど様々な作業がありますが、それらの作業も全てファームスタッフが担当しています。


一人で行なうには複雑な仕事でも、分解してみんなで取り組むことで充分可能になります。一人ひとりが自分の出来る仕事に責任を持ち、やりがいを持って取り組める環境を常に用意できるように心がけています。

一通りの説明を終えた後、実習生の受け入れの話を頂きました。
ごきげんファームでは、いつでも一緒に働くファームスタッフを募集しています。一緒に美味しい野菜を作りましょう!

2011年7月21日木曜日

7月18日 モロヘイヤ収穫祭

7月18日の海の日はごきげんファーム初めての収穫祭でした。
その日の様子を報告したいと思います。

朝から30℃を超える暑い日でしたが、
家族の方、我々職員を含めると40名以上の参加となりました。



この写真は理事長の五十嵐に
プレゼントを渡す嶋口さん。
7月10日に生まれた磐青君の出産祝いです。
日頃の感謝の気持ちを込めて、サプライズで企画しました。





早速畑に移動して、家族でモロヘイヤの収穫です。モロヘイヤを適切な長さで折るのは難しいのですが、ファームスタッフが丁寧に家族に教えていました。





ごきげんファームでは、モロヘイヤ以外にもナス、ピーマン、ししとう、マイクロトマトを栽培しています。その野菜も一緒に収穫しました。

気温も高かったので、収穫の時間は15分程度の予定でしたが、気がつけは30分以上経っており、収穫した量は、こちらで用意していた袋が足りなくなるほどでした。




収穫の後は、BBQです。
ごきげんファームで収穫したナスも一緒に焼きました。
やっぱり自分たちで作った野菜は美味しいですね!





最後に集合写真。
4月の開所時にはファームスタッフも9名しかいなかったのですが、今では26名まで増えています。
次回の収穫祭はさつまいもの収穫に合わせて企画しましょう!
とてもごきげんな一日になりました。