ごきげん日記: 4月 2011

2011年4月25日月曜日

4月25日モロヘイヤの育苗

今日はいつもお世話になっている柳橋さんの所で
モロヘイヤの育苗を教えていただきました。

育苗用の土を作るところからです。
区切っている紙がしっかり正方形になるように
土を入れていくのは少し難しい仕事です。
それでも数回こなすだけで綺麗な正方形が出来ていました。




土が完成したら、一つ一つに種を入れていきます。
細かい仕事ですが、嶋口さんの得意な仕事です。
30分程度で約1000個の種をまいてくれました。





種を入れ終えたら、土を被せます。
種の位置がずれないように優しく被せていきます。
土を被せる人と、その土を広げる人、
出来上がったものを運ぶ人など、仕事を細分化し、
一人ひとりにあった仕事をしてもらいます。



これが完成した状態です。
3日後には芽が出てくるそうです。
この苗を定植(畑に植えること)するのは20日後です。
今から楽しみですね!!

20日後に良い畑の状態を作るために明日は肥料を撒きます。
初めは100箱の野菜ボックスを作るだけで一日終わってしまっていましたが、今では一日200箱を作り農作業をする余裕まで出てきました。
この調子で頑張っていきましょう!!

2011年4月19日火曜日

4月18日 フクベジ、スタート。

今日からイバベジ(茨城県の野菜)に加えて、
フクベジ(福島県の野菜)もスタートしました。

今までは100箱の野菜ボックスを作っていたのですが、
今日は同じ時間、同じ人員で200箱に挑戦です。


午後には福島県から野菜が届きました。
今日届いたのは、シイタケ、エリンギ、山ウド、きゅうり、葉ねぎ、
みつば、長ネギ、トマトの八品目です。
どれもこだわり抜いたとれたての野菜です。




ごきげんファームでは、
一人ひとりが別の作業をしています。
全員ができる仕事をして、
みんなで一つの野菜
ボックスを作っていきます。
先週は100箱作ると時間一杯まで
かかってしまっていたので、少し不安もありましたが、
先週の反省を生かし、少しやり方を変えただけで、
簡単に200箱を詰め終えてしまいました。

みんなの力に今日も驚きました!!
今週も頑張っていきましょう!!




2011年4月15日金曜日

4月14日 ホウレンソウの収穫

14日の午前は私がお世話になっている農家さん、
柳橋さんのホウレンソウを収穫の練習をさせていただきました。
写真では分かりにくいのですが、
2種類のホウレンソウが植わっています。
右側のホウレンソウは日本ホウレンソウと言って、
柳橋さんでも失敗してしまう時があるそうですが、
今回はこんなに綺麗に出来ています。





まずは柳橋さんに手本を見せてもらいます。
収穫の速さに僕も含めビックリしました!!






下田さんも収穫に挑戦。
独自のやり方で綺麗に収穫していました。

吉田さんも初めは戸惑っていましたが、
10分後にはもう慣れていました!!






柳橋さん、いつもありがとうございます。
ファームスタッフも今までで一番楽しい仕事と言っていました。
僕達の植えたホウレンソウで早く収穫できるのが楽しみですね!!

そして今日も引き続き野菜ボックスを100箱作りました。
二回目は一回目よりもかなり短い時間で完成しました!!
どれだけ縮められるのか、これから楽しみです!!





4月13日 野菜ボックス100箱!!

13日から茨城県農産物サポートプロジェクト
(イバベジ)の野菜ボックス作りを、
ごきげんファームで受けることになりました。

まずはみんなでダンボールから作ります。
二人組になって協力して作っていきます。




野菜によっては袋詰めからファームスタッフが担当します。
これはピーマンを詰めている下田さん。
100袋作るのもみんな力を合わせれば、
すぐに終ってしまいます。






今回の野菜ボックスの内容はこの10品目です。
その日に取れた野菜がごきげんファームに集まってきます。
どの野菜も農家の方がこだわり抜いた自信作です。




これらの野菜を安定するように、
一つ一つ置く場所を決めて詰めていきます。
せっかくの野菜が傷まないように、
丁寧に丁寧に詰めていきます。

今日は初日でしたが、なんとか100箱作ることができました。
ファームスタッフの仕事の速さに、改めて驚かされました!!
皆さん、お疲れ様です。明日も100箱頑張りましょう!!


茨城県農産物サポートプロジェクト(イバベジ)








2011年4月13日水曜日

4月12日 畑らしくなってきました

今日は10人のファームスタッフと一緒に、
上ノ室の畑を整地しました。

トラクターが修理中の僕たちは、
今は手押しの耕運機で耕していくしかありません。
耕運機でも吉田さんは力強く耕しています。





耕した所から他のスタッフが石を拾っていきます。
嶋口さんは、小さな石も見逃さず一つ一つ丁寧に集めてくれます。






そしてこの畑で一番大変なのが、
となりの竹やぶから伸びている根をとること。
一本一本掘り起こしてくれるのが渡邉さんです。
とても力が必要な仕事です。








大変な仕事ですが、こんな嬉しいこともありました。
写真は分かりにくいですが筍です。
今日だけで10個近い筍を発見しました!!







これが、今の上ノ室の畑です。
ごきげんファームが始まったときは草だらけだったのが、
少しづつ畑らしくなってきました!!
この調子で頑張っていきましょう!!





最後に送迎の後に寄った、大角豆の畑の様子です。
開所式の日に撒いたホウレンソウが芽を出していました。
これからの成長が楽しみです!!






この写真は分かりにくいですが、
青いホウレンソウの種がまだ付いています。
面白いですね。
明日からは農産物サポートプロジェクトの仕事が始まります。
頑張っていきましょう!!

農産物サポートプロジェクト




今日の作業風景を日本テレビの山本さんに取材していただきました。
24時間テレビのチャリティーリポートという番組で紹介していただきます。
詳細はブログで報告させていただきます。

2011年4月9日土曜日

4月7日 肥料まき


4月7日の午前は、肥料をまいて土に混ぜ込む仕事をしました。
借りたばかりの農地なので、
そのままホウレンソウを育てることは出来ません。
土を作ることもファームスタッフの仕事です。





土壌分析の結果を元に、
消石灰・肥料・鶏糞を合わせて300Kg程度まきました。
その後は耕運機を使って肥料を土の中に混ぜます。
この肥料がが土に溶けるのを待って、
来週種まきをしましょう!!




午後は上ノ室の畑を綺麗にしました。
ごきげんファームがスタートした時はまだまだ草だらけの畑が、少しづつ畑に近づいてきました。
上ノ室の畑では、草を刈る仕事、草を集める仕事、耕運機をかける仕事、石を集める仕事などがあります。
ファースタッフが出来る仕事を責任をもって担当します。
この畑がハーブでいっぱいになるのが今から楽しみです!!



2011年4月7日木曜日

4月6日 竹の生命力

4月6日は9人のファームスタッフと一緒に仕事をしました。

午前は大角豆の畑に行き、
初日に出来なかった分の種まきをし、
他のメンバーは畑の草をとり、耕しました。

まだ始まったばかりなのに、
もう皆さん仕事に慣れてきてますね!
種まきは半分以下の時間で終わってしまいました!!



午後は上ノ室の畑での作業です。
午後は竹の根を掘り起こすグループと、
刈った草を集めるグループの二つに別れて仕事をしました。
この写真は竹の根と戦うファームスタッフ達です。
竹の根はこんなにも太く、しっかりと根を張るんですね!!
皆さん汗だくになって仕事をしていました。





分かりにくいですが、
これが掘り起こした竹の根の全貌です。
ファームスタッフの皆さんも、竹の生命力に驚いていました。
この竹の根をとった後に耕運機をかけていきます。








こちらはもう一つのグループの様子です。
皆さん、ものすごい集中力で草を集めています。
職員が草を刈るのが間に合わないくらいでした!!





最後にこの写真がこの日に集めた草の量です。
昨日よりも仕事の時間が短かったにも関わらず、
昨日よりも沢山の草が集まりました!!
この調子で少しづつスピードを上げていきましょう。
今日もお疲れさまでした!!




開所式の様子が、朝日新聞、毎日新聞、茨城新聞に掲載していただきました。

朝日新聞
毎日新聞

2011年4月6日水曜日

4月5日 耕運機と草取り

4月5日は8人のファームスタッフと仕事をしました。
午前中は昨日種を撒いた畑(大角豆)の草を取り、
ファームスタッフのみんなにも耕運機を使って耕してもらいました。
この写真は耕運機を見事に操る中村さんです。









午後はもう一つの畑(上ノ室)に行き、草を取りました。
始めの状態はこんなに草が生えている状態でした。
それを私が草を刈り、それをファームスタッフのみんなに集めてもらいました。










この写真は一生懸命草を集める下田さんです。
短い時間でコンテナ10個分くらいの草を集めましたね。







最後にはこんなにも沢山の草が集まりました。
皆さん、お疲れ様です。
早くこの畑にハーブを植えられるよう、
みんなで綺麗にしましょう。

2011年4月4日月曜日

ごきげんファームスタート!!

今日はごきげんファームの開所日でした。
思わずごきげんになってしまうような素晴らしい天気の中、
スタートを迎えることが出来ました。

8時45分につくば駅と土浦駅に迎えに行き、
9時から最初のオリエンテーションを開始しました。


この写真がその時の様子です。
挨拶、自己紹介、今日の予定、一週間の予定、
ホウレンソウの栽培方法、事務所の案内などを行いました。
ごきげんファームでは職員を運営スタッフ。
障がい者の方をファームスタッフと呼びます。



11時からは役員を招いて開所式。
多くの役員の方、記者の方も4社から来
ていただきました。
スタッフ一人ひとりにごきげんファームの
名札を渡し、開所式後は全員で記念撮影をしました。
明日の毎日新聞の茨城県版に掲載していただく予定です。
他の記事についても、掲載日が決まり次第、
報告させていただきます。


昼食後は畑に移動をしてホウレンソウの種まきです。
右の写真は私が研修をさせてもらっている柳橋さんです。まず、初めに手本を見せてもったのですが、
皆さん釘付けになってましたね!
お忙しい中、本当にありがとうございます。
左の写真はスタッフの渡邊さん。
ごきげんファームスタートの大きな第一歩です。

















開業祝もこんなに沢山頂きました。
本当にありがとうございます。







そして今日は理事長の五十嵐の自宅で
食事をご馳走していただいたのですが、
こうなることを予想していたくるみさんが(奥さん)が
ケーキまで用意してくれていました。
食事も本当に美味しかったです。ご馳走さまでした。

ごきげんファームの準備を開始したのが約1年半前です。
実際に事業化し、私がごきげんファームの農場長として
働くことが決まったのが、約1年前。


まさか、自分が福祉・農業といった仕事に就くことになるとは夢にも思っていませんでした。
専門分野ではありませんが、多くの人に支えて頂けるおかげで、
なんとか今日の日を迎えることが出来ました。

ごきげんファームが目指している社会を一日でも早く実現できるよう、
毎日全力で突っ走っていきます!!

設立趣意書

2011年4月2日土曜日

職員顔合わせ

4月1日は職員の顔合わせの日でした。

自己紹介をし、ごきげんファームの理念をもう一度説明しました。
その後は、一日の流れ、一週間の流れを確認し、
事業を開始するにあたっての注意点をシェアしました。

昼食後は事業を開始するにあたって必要なものをリストアップし、
買出しをして終わりです。

一日が終わった後に
一緒に準備を進めてくれているスタッフの松本が私に言いました。
「なんでこんないい人ばかりがあつまったのかな?」

私も同じ想いです。

十数年、福祉事業所で働いていた栗原さん。
一緒に仕事をしていてとても安心感のある頼れる存在です。

アルバイトには、
介護福祉士の資格をもっている長田さん。
保育士の資格を持っている竹村さん。
養護学校で教えていた経験もある五十嵐さん。
会計の勉強をしている矢口さん。

このメンバーに私と松本を加えた計7人が、
ごきげんファームのオープニングスタッフです。

皆さん、頼りになりすぎです!!
4月を迎えることに不安もありましたが、
今は全くありません!!

4月4日から頑張っていきましょう!!