ごきげん日記: 第二回利用者面談

2011年1月24日月曜日

第二回利用者面談

先週の土曜日に第二回利用者面談を行いました。

今回は、手帳を持つほど障害の程度は重くはいが、
一般就労できるほど軽くはない、そういった方が対象の面談でした。
発達障害と呼ばれる障害を持った方々です。

現段階では、ごきげんファームで働くためには、手帳がないと難しいのが現状です。
確かに障害を持っていも、福祉事業のサービスが受けられない。
こういった制度の狭間で苦しんでいる方が多くいることを改めて知りました。

ごきげんファームとして、こういった方々にどういった環境が用意することができるのか。
今、考えているのは福祉事業の利用者ではなく、アルバイトとして働いてもらうことです。
初年度からそれをするのは大きな挑戦ではありますが、
トライアル期間を設けて、一人ひとりにあった仕事を用意することで
乗り越えられるのではと考えています。

二回目の面談もなんとか無事に終えることができました。
一日ずっと手伝ってくれた大愛(五十嵐議員事務所スタッフ)、本当にありがとう。

また、今日はスタッフの松本が、
NPO法人つくばアグリチャレンジの登記をしてくれています。
登記が完了しましたら、また、ブログで報告します!!

0 件のコメント:

コメントを投稿