ごきげん日記: 2011

2011年12月10日土曜日

茨城ドリームプランプレゼンテーション

報告が遅くなってしまったのですが、11月20日に行われた茨城ドリームプランプレゼンテーション(以下ドリプラ)に参加し、10分間で自分の夢をプレゼンしました。
私の夢は、もちろん「ごきげんファームを世界中に広げて、障害を持っていても生きがいを感じながら働くことのできる社会を創ること。」です。
私以外にも10名の方がプレゼンをしたのですが、劇場を作りたい人や本を出したい人、世界中の人たちが家族のような絆で繋がる社会を作りたい人など、聞いてるだけでワクワクするような内容ばかりでした。
 
ドリプラの面白いところは、自分の夢を理解・納得してもらうのではなく、共感・感動してもらうというところです。なかなかその仕組を理解できずに、何度も何度も原稿を書き直し、当日を迎えました。

600人以上の観客を前にプレゼンしたのは人生で初めての経験。
とても、緊張したのですが、投票により大賞に選んでいただくことが出来ました。
ドリプラに参加したことで、改めて自分の夢を見つめ直すいい機会になり、このような機会を与えてくれた実行委員の皆様には本当に感謝しています。皆さんの期待を裏切らないよう、これからも全力頑張っていきたいと思います!!ありがとうございました。


当日のプレゼンテーション。
朝日新聞茨城版
毎日新聞

2011年11月3日木曜日

ほうれん草出荷開始

ほうれん草収穫できました!!
本来であれば10月の頭から出荷したかったのですが、1ヶ月もずれてしまいました。種を撒くまでの色んな工程で、天気に左右されてしまったのが原因です。
来年からは10月1日からほうれん草が撒けるように、早め早めに準備を進めていきます。
味も形も4月に作ったものと比べると、いいものが出来ました。時間とお金をかけて土づくりに取り組んだかいがありました。私たちのほうれん草を待ってくれているお店に早速届けに行きたいと思います!!

2011年11月2日水曜日

農業ヘルパー 沼尻勉さん

10月31日は沼尻勉さんの畑に農業ヘルパーに行きました。
私たちは地域の農家さんから仕事をもらい、
一時間一人400円というお金を頂いて仕事をしています。
現在、ヘルパーとして定期的にお手伝いに行っている農家さんは
5件程度まで広がっています。

今日の作業では、印象的な事があったのでブログにアップしたいと思いました。
作業内容は長芋の片付け。パイプの上に張ってあるネットを鎌で切って行きました。

ファームスタッフ3名の作業だったのですが、
最初一列終わるのにだいたい30分。
私は少しペースを上げたいと思い、私を含めた4名で誰が一番早く一列できるのか、
勝負をして見ました。
私は皆ながついてこれるペースで引っ張っていこうと考えていのですが、、、、
私は3位でした。
最初の一列では30分以上かかっていたのが、
皆で競争することで15分程度まで縮みました。

少し悔しい反面、とても嬉しかったです。

私達がどんな声をかけるのか、どんな風に説明をするのか、
作業をどう分解するかによって、彼らのパフォーマンスは劇的に変わっていきます。

そうした環境を用意して、みんんがごきげんに力を発揮できる環境を作っていきたいと思います。

最後に中村さん、北崎さん、根田さんのごきげんな作業風景の写真です。
本当に、ごきげんな一日でした!!

2011年10月13日木曜日

10月13日 ほうれん草と大根の様子

今の作物の様子を紹介します。
最近、ほうれん草と大根を播種しました。
ほうれん草は3回の播種を終え、写真は一番最初に撒いたものです。
やっと葉が4枚になったところ。
最近は温度が上がらないので、収穫は11月の2週目くらいでしょうか。
少しづつですが、品種による葉の形の違い、立性の違いが見えてきました。味にはどんな違いがあるのか?楽しみです!!


次は大根です。「さとみ」「冬みね」の2種類をまきました。どちらの品種も肉質が緻密であり、食味のい品種です。やっとこちらも葉が4枚になり、間引きを行ったばかり。「さとみ」は年内、「冬みね」は2月ごろの収穫です。
他には今日、シュンギクを撒き、10月下旬にはベビーリーフを大きく栽培する予定でいます。
夏が終わり、一時はさつまいもしかなかったごきげんファームも、
少しづつ活気を取り戻してきました。

おいしい野菜を作るため、今日もごきげんに頑張ります!

2011年9月27日火曜日

9月26日 集合写真

皆さん、おはようございます。
昨日撮った集合写真をアップします。みんな最高の笑顔!!

早いもので、ごきげんファームが開所してから半年が経とうとしています。開所式のことは昨日のことのように鮮明に覚えていますが、もう何年も前のことのようにも感じます。この半年間、嬉しいことはいくつもありましたが、一番嬉しいのはごきげんファームをみんなが楽しみにしてくれていること。4月は11名だったファームスタッフは現在は32名。10月からは3つの養護学校から6名の生徒が実習に来ます。

ごきげんファームでは随時、一緒に働く仲間を募集しています。
農業は大変というイメージを持っている方も多いのではと思いますが、心配はありません。一人ひとりにあった仕事を用意できます。まずは気軽に見学に来てもらえればと思います。一緒に美味しい野菜を作りましょう!!

2011年9月21日水曜日

これから栽培予定の3つのホウレンソウ

写真は現在のごきげんファームの様子です。
これまでホウレンソウやモロヘイヤを栽培していたのとはまた別の畑になります。今は畑一面に太陽熱マルチを張って、土壌消毒をしています。
何週間もこの状態で寝かせて、地温は70度近くまでなります。
これで雑草の種や悪い微生物などが消滅するそうです。



これからは、このマルチを一枚一枚はがしていき三種類のホウレンソウを栽培します。
東洋種である日本法蓮草、東洋種×西洋種のまほろば、西洋種であるクロノス。
それぞれ品種によって葉が厚みや形、甘さ、作業性や収量、病気に対する強さが違います。

料理によっても、おひたしならこの品種がよかったり、バターソテーだったらこっちの品種がいいなどあるそうです。その組合せをあえて逆転させることで、おもしろい味になったりもするとか。
飲食店それぞれのニーズに応えられるよう、これらの3つに挑戦します。
どんな料理ができるか楽しみです!

他にも、これからの時期は大根、春菊、人参などにも挑戦する予定。
皆さん、楽しみにしててください!!


2011年8月29日月曜日

8月27日 まつりつくば


8月27日は、ごきげんファームでまつりつくばに参加させて頂きました。
ごきげんファームの役員である根本一城さんが、まつりつくばの実行委員でもあり今回参加せていただくこととなりました。
16時から19時までの3時間ねぶたを引いたのですが、私も含め全員がねぶたを引くのは初めてであり、とても貴重な体験ができました。






暗くなってからのライトアップされたねぶたはとても迫力がありました。ねぶたとみこしが同時に見られるは日本でもつくばだけだそうです。





集合写真です。終わった後にファームスタッフの中村さんから「伊藤さん、とても楽しかったです。ありがとうございます。」
「伊藤さん、来年も是非やりましょう。」
「伊藤さん、今度はもっと大きいねぶたがいいです。」
といった内容のメールが何件も来ました。やっぱりみんなでお祭りに参加するのは楽しいですね。
他のメンバーも楽しんでくれたみたいでよかったです。
根本さん、ありがとうございました!!

2011年8月23日火曜日

ごきげんファームの看板犬 ハッピー君

紹介が遅くなってしまいましたが、
ごきげんファームに看板犬がやって来ました。

名前はハッピーです。
福島県南相馬市で保護された犬を、
飼い主が見つかることを祈り、その間預かることとなりました。

ずいぶんと長い間飼い主と離れ、さまよっていたせいか、
ごきげんファームに来た時は尻尾の毛が一部抜け落ちてしまっていました。
原因不明ということで、とても心配したのですが、
最近なんと産毛が生えてきました!

写真に写っているファームスタッフの渡辺さんを初め、
皆さんが可愛がってくれているからかもしれませんね。

これからもブログなどで紹介していきたいと思います。


2011年8月8日月曜日

8月7日 つくいち

8月7日はごきげんファームで「つくいち」に出店しました。
今回は7月に続いて2回目の出展となります。


つくいちとは、「背景までおいしいつくばのマーケット」をテーマに企画されたつくばの朝市です。
ごきげんファームでとれた、ピーマン・ナス・モロヘイヤに加え、
ごきげんファームが農業ヘルパー事業でお世話になっている
TKFさんの有機ニンジンや有機じゃがいも、
日本でただ一人しかいないブルーベリーマイスター鈴木さん(ゆうファーム)の作る
プレミアムブルーベリーなどを販売しました。


農業をやっていて、やはり一番嬉しいときはお客様に喜んでもらえるときです。まだまだ農業は勉強不足ですが、お客様からいただいた温かいお言葉を力に変えて、今日からまた頑張っていきたいと思います!

2011年8月3日水曜日

7月25・26日 インターンシップ受けいれ


7月25・26日と千葉県立東葛飾高校から高校2年生の朝倉美香さんがインターンシップに来てくれました。今日からは、他にも2名の方が同じ東葛飾高校からインターンシップに来てくれています。
美香さんは、働く意味を探したいという目標を持って今回のインターンシップに参加しました。
私も五十嵐議員事務所でのインターンシップがきっかけで今の仕事を始めました。私がお世話になった分を、このような形で少しづつ後輩に返していければと思っています。
二日間という短い期間でしたが、
美香ちゃんが感じたことをまとめてもらったので掲載したいと思います。
少し長くなりますが、是非読んで頂ければと思います。

========================================================

 私はごきげんファームの皆さんのおかげで、「人は何のために働くのか」という問いに答えを見つけることができました。

 1つ目は、「人の役に立てる喜び」です。一緒に働かせていただいた障害者の方は、本当に楽しそうに生き生きと仕事をこなしていました。私が作業の仕方で困っているとき、誇らしげに教えて下さるその目はとてもキラキラしていました。私もトラクターを一列かけ終えたとき、働くってこんなに楽しいんだ!と感じました。人から必要とされる幸せ、仕事をやり遂げた達成感、そんなところに働くことの意味があるのだとごきげんファームの皆さんに教えていただきました。

2つ目は、「成長できる喜び」です。ごきげんファームで過ごした2日間でたくさんの方と出会い、全ての方が私を成長させてくれました。ごきげんファームでは色んなバックグランドを持った方働いています。生き生きと働くごきげんファームの皆さんの姿にパワーと気づきを頂きました。

また、一緒に働いたことで強く感じたのは、これほど働ける方々(障がい者)の働き口が少ないのはおかしいと思います。ごきげんファームを成功させて、全国的にもっとたくさんの障害者の方が働けるようになってほしいです。

 将来どのような形で働くにしても、今回の経験で得た働くことの意味を考えて、社会のために働いていきたいです。そのためにも、今は勉強や部活、学校生活を頑張って大きな人間に成長していこうと思いました。

2日間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。また大好きなログハウス、畑に帰れる日を楽しみにしています。

               

 千葉県立東葛飾高等学校 朝倉美香

========================================================

2011年7月27日水曜日

7月25日 茨城県立美浦養護学校視察


7月25日は、茨城県立美浦養護学校から視察に来て頂きました。
なんと人数は26人!!
これまでも各地の養護学校から視察に来ていただいたことは多くありましたが、バスを利用するほどの人数は今回が初めてでした。まず初めに事務所の雰囲気、モロヘイヤの袋詰めの作業工程などを見て頂きました。モロヘイヤの袋詰めはとても時間のかかる作業です。一般的には一人で行なう作業も、私たちは何段階もの工程に分けて取り組み、効率化を図っています。





その後はすぐに畑に移動し、農作業の説明をしました。
約2haほどある私達の畑の広さ、栽培しているモロヘイヤの量は予想を超えていたみたいです。この時期には一週間に2000本以上のモロヘイヤの苗を植えていきます。苗を植えるには、育苗、肥料、耕うん、マルチ張りなど様々な作業がありますが、それらの作業も全てファームスタッフが担当しています。


一人で行なうには複雑な仕事でも、分解してみんなで取り組むことで充分可能になります。一人ひとりが自分の出来る仕事に責任を持ち、やりがいを持って取り組める環境を常に用意できるように心がけています。

一通りの説明を終えた後、実習生の受け入れの話を頂きました。
ごきげんファームでは、いつでも一緒に働くファームスタッフを募集しています。一緒に美味しい野菜を作りましょう!

2011年7月21日木曜日

7月18日 モロヘイヤ収穫祭

7月18日の海の日はごきげんファーム初めての収穫祭でした。
その日の様子を報告したいと思います。

朝から30℃を超える暑い日でしたが、
家族の方、我々職員を含めると40名以上の参加となりました。



この写真は理事長の五十嵐に
プレゼントを渡す嶋口さん。
7月10日に生まれた磐青君の出産祝いです。
日頃の感謝の気持ちを込めて、サプライズで企画しました。





早速畑に移動して、家族でモロヘイヤの収穫です。モロヘイヤを適切な長さで折るのは難しいのですが、ファームスタッフが丁寧に家族に教えていました。





ごきげんファームでは、モロヘイヤ以外にもナス、ピーマン、ししとう、マイクロトマトを栽培しています。その野菜も一緒に収穫しました。

気温も高かったので、収穫の時間は15分程度の予定でしたが、気がつけは30分以上経っており、収穫した量は、こちらで用意していた袋が足りなくなるほどでした。




収穫の後は、BBQです。
ごきげんファームで収穫したナスも一緒に焼きました。
やっぱり自分たちで作った野菜は美味しいですね!





最後に集合写真。
4月の開所時にはファームスタッフも9名しかいなかったのですが、今では26名まで増えています。
次回の収穫祭はさつまいもの収穫に合わせて企画しましょう!
とてもごきげんな一日になりました。

2011年6月29日水曜日

6月29日 今の畑の様子

久しぶりのブログの更新になりますので、今回は今の畑の様子を紹介したいと思います。

今畑では色んな野菜が栽培されています。
まずこの写真はピーマンとナスです。
これは真壁高校農業科の皆さんが作った苗を頂いたものです。他にもマイクロトマトや、ししとう、とうがらしを頂き、栽培しています。
どれも元気に育ってくれています!!




次の写真はさつまいもです。
さつまいもは契約栽培ができることになったので、
栽培を始めました。まず初年度は実験的に栽培する程度ですが、1000本以上の苗を植えました。さつまいもは、植え方によって大きい芋が少しできるのか、小さい芋がたくさんできるのかが決まってきます。
二つの植え方を試してみたので、結果が楽しみです。





次の野菜が今メインで栽培をしているモロヘイヤです。
元気に育ってくれています。今畑には2500本以上の苗が植えてありますが、
この後にも約7000本を作付けする予定です。
モロヘイヤは野菜の王様と呼ばれるほど、栄養価の高い野菜です。
ごきげんファームのモロヘイヤは7月3日のつくいちで販売できる予定です。
皆さん、楽しみにしていて下さい。

つくいち



最後の写真は6月25日に常陽リビングで掲載していただいた写真です。今回の掲載でも10名以上の方から入所希望者の連絡を頂きました。新しいメンバーも少しづつブログで報告させていただきます。

2011年5月25日水曜日

モロヘイヤ定植

今日は待ちに待ったモロヘイヤの定植でした。
写真の左に写っているのは、阿久津佳樹さん。
私の研修先である柳橋さんの所で、私よりも何年も前から農業を学んでいる方です。
とても忙しい方ですが、5月から正式にごきげんファームの農業指導員として働いていただけることとなりました。
とても心強いです!!




定植の前に、まずマルチ張りです。
これもごきげんファームにとっては初めてのこと。
鍬(クワ)を使って溝を掘り、鋤簾(ジョレン)を使ってマルチを土の中に丁寧に挟んでにいきます。





阿久津さんにマルチ張りの機械も持ってきていただいて、
機械で張る様子も見せていただきました。
機械で張ると5分の1程度の時間で張ることが出来ました。
ファームスタッフからは「早く機械を買ってくれ」と頼まれましたが、まだまだそんな余裕はありません。笑
しばらくは、地道に張っていきましょう!!





マルチを張り終えたら、いよいよ定植です。
モロヘイヤの育苗管理は柳橋さんがやってくれていました。モロヘイヤの発芽率は80%以上と明記されているのですが、柳橋さんの手にかかれば95%以上でした!!

一つ一つの苗を畑に移し、優しく土を被せていきます。




今日一日だけで、1300本以上の苗を定植しました。
中には一人で200本以上を定植した人もいましたね!!
初めてにも関わらず、とても綺麗にできました。
モロヘイヤは人の背丈程度まで大きくなります。
これからの成長が楽しみです!!







作業を終えた後の北崎さん。
とても素敵な笑顔です。
今日もお疲れさまでした!!





そして今日は茨城県の大子町から医療法人 直志会さんが見学に来てくれました。私達の様子を見て、「こんな雰囲気のいい所は初めて見た。」と言っていただきました。
今日も大変でしたが、とても楽しかったですね!!
明日も頑張りましょう!!


2011年5月18日水曜日

5月16日 ほうれん草収穫


5月16日はほうれん草の収穫でした。
4月4日の開所式に撒いたほうれん草です。
種を撒いてから収穫までは42日間。
不思議なことに同じ日に撒いた種でも、
全てが収穫できるわけではありません。
収穫できる大きさのものだけを選んで収穫をします。


ほうれん草の収穫は簡単ではありません。茎が折れやすいので慎重に扱わなければなりません。皆さん本当に集中した表情で取り組んでいました。





午後は収穫したほうれん草の袋詰めです。ほうれん草は、この袋に詰める作業が本当に大変。いらない葉を落とす、土を払う、茎を揃える、重さをはかる、袋につめるなど、沢山の仕事があります。しかしこの大変さが、ほうれん草を選んだ理由でもあります。数種類の仕事を用意でき、個々の特性にあった仕事を責任を持って担当します。




今回収穫したものは、事務所で調理して食べたり、みんなで持って帰ったりました。自分たちで栽培したほうれん草の味は、やはり最高です!!
私は打ち合わせがあったので、調理したほうれん草を一緒に食べることはできなかったのですが、私が戻ったときにはもう一口分しか残っていませんでした。おいしくて私の分を残すのも忘れてたんでしょう。



「自分達で作った野菜を食べられることは本当に嬉しい。でもこの野菜を、みんなに喜んで食べてもらえたらもっと嬉しいと思う。」と、ファームスタッフが言いました。
本当にそうですね、想像しただけでも幸せな気分になります。
一日でも早く販売できるよう、体制を整えていきます。
今日もお疲れさまでした!!


2011年5月14日土曜日

5月13日 農業ヘルパー事業

5月13日は農業ヘルパー事業で
土浦市まで行ってきました。
ごきげんファームは農産物を生産するだけではなく、適正な賃金を頂いて人手が足りない農家さんにお手伝いにも行きます。写真はじゃがいもに土を被せる仕事を任された、佐藤さんと嶋口さん。初めてにも関わらず、かなり慣れた手つきでした!!







こちらは長く伸びてしまった草を
抜いている屋代さんと、
その草を集める下田さん。
一番最初に頼まれた量は、
たった30分程度で終わってしまいました。
本当に仕事が早い!!





そして今日一番活躍してくれたのが渡邉さんです。
とても暑い日だったのですが、
汗をダラダラ流しながら草を運びました。
麦わら帽子がよく似あっています。

ファームスタッフの大活躍により、
なんと来週も仕事を依頼していただきました。
ファームスタッフも「役に立てることが嬉しい」と
言っていました。来週も頑張りましょう!!

--------------------------------------------------------------------------

今日の常陽リビングにファームスタッフ募集の広告を載せていただきました。早速、数名の方からご応募頂きました。
ごきげんファームでは障がい者スタッフを随時募集しています。
お気軽に見学に来て下さい。